感情セラピー

病気は「自分を愛して」と願うカラダからのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回のお話「カラダが病気になってしまう”自分で自分を呪う”恐ろしさ・・・」のつづき

どこからともなく、臓器の話をしてくれる魔法使いさんが・・・

「私は疲れました・・・。」

えっ!誰?どこにいるの?

「あなたはいつも私に頑張れ頑張れと言っていましたが私はとても頑張りましたよ。でもそれ以上にあなたに頑張れと言われて疲れました・・。お願いですからもう外に出してください。その代わりあなたがもっている負の感情全てを持って外に出ますので出してください。」・・・と言われたんです。

病気になってしまう負の感情の正体とは?


私は”はっ”と我に返り、どんだけ「子宮さん」(感謝の気持ちを込めて”さん”をつけています。)をいじめていたのか、子供ができないのは、自分が悪い・・・そしていつの間にか子宮さんが悪い・・・となっていました。

私をもっと先の未来まで生かしてくれる為に子宮さんが犠牲に・・・。ああ~本当に申し訳なく思っています。ごめん100万回です・・・。そして、今なら肉体とは別次元で子宮さんが犠牲になった気持ちはすごくわかります。

私自身、誰か、何かに「恐れ」を感じていました。

そう、負の感情がもたらしたのは「恐れ」が原因なんです。

一人目は無事に女の子を授かりましたが、「二人目は男の子を生んでね・・・」という周りの人々からのプレッシャーに押し潰され。すべて自分で抱え込んでしまいました。その後もずっと「恐れ」を知らず知らずに増幅させてしまい「負の感情」をためこんでいったのです。

これまで、私は自分自身ではどうにもできず、結果的に「子宮さん」を無意識で責め続けていました。そしてその結果、すでに手遅れ状態に・・・。

体内から取り除くことになった子宮さん


子宮さんからそこまで言われたら外に出してあげよう・・・。と今まで本当にお世話になったのに申し訳なかったから、最後くらいは本人=子宮さん(?)の言うとおりにしようって決めたんです。

私の場合、症状が深刻に悪化していて自然治癒では治らない状態でした。ずっと逃げていた手術を受けようと覚悟を決め。

「子宮さんの摘出」

女性にとって大切な臓器の子宮さんを摘出する悲しみ・・・。でもその子宮さんを摘出したその日の手術が終わる2分くらい前に私は目覚めました。

お医者さんが「あと2分くらいで終わるからね~」と言ってくれて、目覚めた瞬間あり得ないものと遭遇しました。麻酔という非日常な身体の状態と意識だったからあり得ないものと遭遇したんでしょう・・・。

恐れから解放された瞬間、周りの愛に気づき熱い涙がこぼれました・・・


・それは天井中に目が並んでしました。
・それはたくさんのたくさんのたくさんの目でした。
・私を見守ってくれたたくさんのたくさんのたくさんの目。

でもそれは不思議と怖いというよりも優しさいっぱいで会った瞬間に、「ありがとう」という思いが溢れてくる目でした。

・今までずっと私が自分をいじめていた時代も・・・
・旦那さんを責めていた時代も・・・
・生理が来て泣いていた時も・・・

ずっとずっとずっと「私のことを見守ってくれていた人がいてくれたこと」に気づかせてくれる目でした。私はずっと自分は貧しい人で不幸な人だと思い込んでいましたが・・・こんなにも、実は近くに「自分のことを大切にしてくれている人がいてくれた」という喜びに包まれました。それと同時に「自分を愛してもいいんだ」と思えるようになりました。

これまで「赤ちゃんを作る」ということを目標に生きてきましたが、これからは私を見守ってくれていた「この目の人達」が喜ぶことをしようと決めたんです。

「感謝感謝のお金道」に生きる最初のきっかけ・・・


それから、「この目の人達」っていったい誰だったんだろう??と自問自答を始めたのです。

両親や旦那さんなどの家族であることは理解したんですが、それ以外でもたくさんの目がありすぎてその素性を知りたいと思うようになっていったのです。

手術が終わってから丸一日は約2キロに育った子宮を摘出したので、他の臓器たちが”やれやれ”といった感じで、ずっと漬物石のように張り付いていたんでしょうね・・。夜中ずっとおなかの中でほかの臓器たち腸や膀胱たちが伸びをしているかのように”ゴニョゴニョゴニョゴニョ”と動いていました。

宇宙のパワー=お天道さま

そのときに自問自答したときに出てきた言葉が「お金は天下の回り物」でした。「天下」というからには天の下で回っている人たちが「お金」っていうことなのだと。「天の下」っていうことは「天の上」の人もいるってことで・・・。

「天」って一体何だろう??

そこからずっと自問自答が始まりました。

「天」を考えたときピカッと光った言葉が「お天道さまでした。」
「お天道さまに罰が当たるから」
「お天道さまに顔向けできないことはしちゃいけないよ。」

・・・って昔よくおばあちゃんに言われましたが実は天下の「天」って「お天道さま」ですね・・・。じゃあそのお天道さまって何だろう・・・太陽を中心とした宇宙全体です。そしてそのお天道さまをもっと学びたいと思って開いた書物が「古事記」でした・・・。

つづきはこちらから↓・・・

Profile

北岡恵子
北岡恵子

一般社団法人日本お金道協会理事長
ゆめのたねパーソナリティー
感謝感謝のお金道著者
ローフードマイスター1級
元某新聞社の記者
紫微斗数鑑定士
諭吉さんの留学斡旋人

サイト
一般社団法人日本お金道協会

フェイスブック
石川恵子(北岡恵子)

お問い合わせ先のメールアドレス
kitaoka.keiko1@gmail.com

イベント情報
【姫コラソン名古屋駅前】
2017年12月24日(日)
11:30~18:00
場所:ウインクあいち
入場無料

ピックアップ記事

  1. 新しい自分に出逢うタイミングとは?
  2. 星占いが当たる謎が解明!内気な僕でも彼女ができました。

関連記事

  1. 感情セラピー

    自然の力で「感情の波」を癒すフラワーレメディの効果とは?

    人間は「感情の動物」だという言葉があります。動物にも、もちろん…

最近の記事

人気記事

  1. 金運体質

    振り向けば諭吉の世界に・・・
  2. 開運・金運アップ

    お財布の金持ちホテルVS貧乏ホテル
  3. 占星術

    出会い

    星占いが当たる謎が解明!内気な僕でも彼女ができました。
  4. 理想の自分になる

    《新月の願いごと》のお話しと、蓮流☆書いたことは全部叶う【書くと叶うノート】☆の…
  5. お金に愛される

    お金に愛される“付き合い方”を日本一有名な家族で表現
PAGE TOP